サプリメント・健康食品の
OEMをお考えのお客様へ

備前化成では、原料調達から製品化まで、一貫した生産体制によって、お客様のあらゆるニーズに応えます。
創業より培ってきた独自技術と自然の素材を活かした原料で、お客様が求める商品を開発します。
ぜひ、備前化成でオリジナル製品を開発してみませんか?

サプリメントOEMとは?

サプリメントOEMとは、サプリメントの製造技術を持つ企業に依頼して、
オリジナルのサプリメントをつくることです。
OEMは、「Original equipment manufacturer」の略で、製造のみを委託することを意味します。
しかし最近では、OEM企業でも開発から製造まで一貫して受託するケースが増え、
その区分が曖昧になってきています
(備前化成のOEMも素材開発から製造まで対応可能です)。
また、OEMは元々、自動車や電化製品などの部品等を他社に委託することを指していましたが、
現在ではサプリメントや健康食品、化粧品などの分野でも使われています。

サプリメントOEMのメリット

サプリメントOEMには、
次のようなメリットがあります。

  1. 1.製造設備を用意しなくてもサプリメントを製造できる

    OEM企業に製造を委託できるため、自社でサプリメントをつくるための設備を用意する必要がありません。また、素材開発から対応しているOEM企業の場合、原料をつくる設備も不要となります。

  2. 2.自社ブランドの製品として販売できる

    OEM企業は、サプリメントの開発から製造を担うため、製品化後は自社ブランドの製品として販売できます。自社ブランドのサプリメントを作りたいときや、既存のサプリメントに新たな付加価値を与えたいときに最適です。

  3. 3.開発・製造に関わる法律、規制に対応できる

    OEM企業は、サプリメントの開発・製造に関する法律や規制についても熟知しています。法的な知識がなくても、安心してサプリメントの開発・製造に取り組めます。

備前化成の強み

ニンニク

1.こだわりの素材

SAC高含有ニンニクをはじめとした様々な基原材料を使用して、一般に普及している既存製品より高品質・高価値のサプリメントを製品化いたします。

2.独自の製剤技術

備前化成独自の製剤技術「BIZEN-Technology」。狙った部位に成分を届ける製剤「B-ReC(ビーレック)錠」、口の中に成分を長く留める製剤「B-MoG(ビーモグ)」、成分の高含有化を実現する錠剤成型技術「B-HiT(ビーヒット)」の3つの技術により、他社では真似できないオリジナル製品を開発できます。

独自技術 BIZEN-Technology
B-ReC

B-ReC(ビーレック)とは?

B-ReCは、機能成分と多糖を配合して打錠化し、耐酸性基剤によるコーティングを施す技術です。一般的な錠剤は、90分以内に胃から十二指腸にかけて完全に崩壊することが多いですが、B-ReC錠はコーティングにより、胃では溶けず小腸に直接、機能成分を届けます。また、B-ReC錠は無味ですが、錠剤の表面への味付けや、カラーコーティングも可能です。製造価格は、一般のフィルムコーティング錠とほぼ同程度ですので、商品化の妨げになる要因はほとんどないという特徴があります。

B-MoG

B-MoG(ビーモグ)とは?

B-MoGは、機能成分を徐放剤でコーティングした粒子と、高い粘膜親和性を有する高分子基剤を混合顆粒化した技術です。本来、5分程度しか口腔内に滞留しない機能成分でも、B-MoG顆粒では30分以上の滞留が可能となります。B-MoG顆粒はさまざまな粒子径に加工することができるため、顆粒剤としてはもちろん、チュアブル錠をはじめ、ガムや飴、一般食品にも配合が可能です。

B-HiT

B-HiT(ビーヒット)とは?

B-HiTは、備前化成独自の「錠剤処方」「粒子設計」「マイクロレイヤリング技術」の3つの技法を組み合わせ、成分を効率よく高含量化させる技術です。錠剤は、成分含量が多いほど表面荒れや割れなどを生じやすいため、これまで標準打錠法では、低含量しかできませんでしたが、B-HiT(ビーヒット)により、成分の高含量化が可能に。たとえば、コエンザイムQ10やHMBカルシウムなどの含有量を高めた錠剤の製造を実現できます。

3.お客様の要望に合わせた
開発・製造

「原料にこだわった高品質の製品をつくりたい…」「価格競争に巻き込まれない価値のある製品が欲しい…」「機能性表示食品をつくりたい…」など、サプリメント開発にまつわる様々なニーズに柔軟に対応し、ご満足いただけるサプリメントを開発・製造します。
また、機能性素材の製造から最終製品化までのフルプロセス受注と、製剤・製造から最終製品化までのハーフプロセス受注に対応できる体制を整えているため、「素材の開発から委託したい」という要望から「製造から委託したい」という要望まで、幅広くお応えできます。

4.様々な製品形態(剤型)に
対応

錠剤から顆粒、ハードカプセル、ソフトカプセル、ドリンク、ゼリーまで、あらゆる形態の製品を開発できます。
また、それぞれの製品形態に合わせて、ビン・ポリ容器、アルミチャック袋、スティック分包など、様々な包装をご用意しています。

5.万全の品質管理

基原材料・原料入庫、製造、最終製品、出荷の各工程において、「原料検査」「工程検査」「製品検査」「製品サンプル検査」を実施。厳しい検査基準と万全のチェック体制で、品質を徹底管理。お客様に安心安全の製品をお届けする体制を構築しています。
また、原材料については、安全性確認の一環として、製品化検討前に次の確認を実施しています。

1専ら医薬品として使用される成分本質(原材料)リスト(医薬品リスト)に収載されていないこと

2医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト(非医薬品リスト)に収載されている、または国内で十分な食経験が認められていること

事例

大手製薬会社 様

エキス抽出から製剤製造まで一括で
任せられることが決めたポイントです。

自社の中でも高価格帯である免疫力アップのサプリメント開発をするにあたり、エキス抽出のOEM先を検討中でした。以前から備前化成ブランドのエキス末を使用した製品で取引がありお声がけしました。特にサプリメントに使う目的成分の抽出の技術の高さに加えて、エキス製造、製剤製造、さらには最終製品にまで一括して委託が可能なことから備前化成さんを選びました。
製品の開発段階では処方検討の段階からサポートに入ってもらうなど、OEM委託先ということでなく、頼れるパートナーと考えています。

大手化粧品メーカー 様

海外への取り組みもチームの
一員としてサポート。

備前化成さんとは約30年前から、当社のサプリメント事業開始初期からの付き合いになります。他のOEM先と比較しても長く取引している企業のひとつです。備前化成さんは原料から最終製品までの一貫体制があり、オリジナルの原料も製造しているので安心感があります。また監査で工場にお邪魔すると現場の方から元気な挨拶や、作業・工程の説明をしてくれる方も自分の言葉で参加者の知識レベルに合わせて説明いただけるので、しっかりしている会社だなという印象を持っています。
最近では海外向けのサプリメントを企画からサポートいただき、海外でのレギュレーションなど情報収集もお願いしました。化粧品とサプリメントでは畑が違うこともあり、いろいろなアドバイスをいただいて頼りにさせてもらっています。OEMの委託先というより同じプロジェクトチームの一員として、なくてはならない存在だと思っております。

大手量販店 様

多品目対応を「スピード×高品質」で
仕上げてくれる頼れる存在

新規でサプリメントのOEM委託先を検討している際に、既存取引先に紹介されて備前化成さんにお会いしたのが最初の出会いです。岡山の企業(取引当初は東京支社でなく岡山本社の営業が担当)ですが、こちらの要望にスピード感を持った対応で、何度も関東にある当社へ足を運んでもらいました。
新規取引をする際にもちろん複数社コンペを実施しましたが、備前化成さんの提案切り口やこちらの多品目生産の要望にも真摯に向き合っていただいたのが取引の決め手です。
また弊社グループでは独自の基準を設けており、講習や工場の監査を実施していますが、品質保証の面でも備前化成は取引先の中でもトップクラスの会社と考えています。

D2Cスタートアップ企業 様

スタートアップのビジョンに
共鳴してくれる老舗

当社は今年で創業5年目のスタートアップの若い会社です。備前化成さんとの取引はサプリメント事業を始める際に、ホームページに問い合わせしたことがきっかけです。
他にも複数のOEM企業に問い合せはしましたが、当時は会社の登記もまだ、会社名も決まっていないような状況でしたので、なかなか相手にしてくれる企業自体がありませんでした。そんな中、備前化成さんは我々を門前払いすることなく、弊社のビジョンやアイディア、経営計画等を真剣に聞いてくれ、それに共鳴いただき取引を開始することができました。おかげさまでサプリメント事業も好調で、取引開始から4年間で初年度の10倍以上の売上をあげることができました。
備前化成さんは50年を超える、ある種「老舗」の企業ですが、取引先相手に真摯に向き合って、我々のようなスタートアップを応援してくれる懐の大きい企業だと感じています。

サプリメントOEMの流れ

1.お打合わせ

お客様が考えるイメージ、設計、ご要望をお聞かせください。
製品仕様(ご希望の剤型や包装形態など)やスケジュール・ご予算をお伺いします。

2.製品企画

お打合わせの内容を踏まえて、製品の要求情報、機能素材の選定、市場・特許調査などを企画し提案します。

3.お打合わせ

2つの提案をたたき台として処方設計、剤型、摂取量、包装などの仕様を具体的に設定していきます。

4.試作申し込み

製品仕様が決まりましたら、製品および試作(開発費用)のお見積りを致します。
ご確認のうえ試作のお申し込みいただきます。

5.試作/製造条件取り
および試作品製造

試作を実施して製造性の確認、安定性試験の実施、製品規格・仕様を決定します。

6.最終製品仕様の決定

最終お見積のご提示の後、ご発注/受注となります。
※試作の結果により試作前の提示から変わる場合がございます。

7.資材準備

裏面一括表示と栄養表示のご提案サポートをします。
※資材につきましては当社手配でもご支給でも可能です。また、表示内容につきましてはデザインも含めて念のため当社でも確認します。

8.製品製造

製品を当社工場で製造します。
※ご要望があれば製造の立会いも可能です。

9.商品完成

規格に基づいた出荷検査を行います。

10.納品

当社工場より出荷して納品します。

費用

サプリメントOEMの費用は、使用する原料やご希望の製品形態などによって異なります。詳細を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

よくあるご質問

Q製造までどのぐらいの期間が必要でしょうか?

ご依頼いただく内容により期間は異なります。およそ製品の規格や仕様が最終確定してから1~2か月程度で製造ができます。製品開発や資材準備の進行具合によりますが、全体でおよそ3~6か月程度のリードタイムが必要になります。

Q最低ロットはどのくらいですか?

剤型や製品仕様などによって変わってきますので、別途お打ち合わせさせてください。

Q開発経費としてどのくらいを見込んだらよいですか?

試作費用・分析費用・資材準備費用など項目はありますが、仕様ごとに変わってきますので、別途お打ち合わせさせてください。

Q製品の価格は?

正式なお見積りは、試作終了後、処方や製品仕様決定後、提示させていただきます。
※ご要望をお聞きして概算でのお見積を提出しますが、試作結果により変わる場合がございますので、正式なお見積は試作終了後とさせていただきます。

Qパッケージ、ボトルなどは選べますか?

多様な選択肢からお選びいただくことができます。ただし、製造設備によって制限をうける場合もございますので、別途お打ち合わせの上でお客様にお選びいただきます。

Qパッケージやボトルなど資材の手当てを
お願いすることは可能でしょうか?

資材につきましては当社手配でも、お客様からご支給いただいてもどちらでも構いません。
ご指示いただければ対応させていただきます。

Qデザインをお願いすることはできますか?

当社でデザインを作成することはできませんが、資材メーカ等デザイン可能な会社をご案内することは可能です。

Qデザインの支給は可能でしょうか?

可能です。当社にて一度、関連法規等の確認をします。

Q配合内容を指定することは可能でしょうか?

問題ございません。ただし、当社設備で製造可能かどうか試作のうえ、進めさせていただきます。