素材製品:備前化成は、自社開発により、天然由来の素材から様々な有効成分を抽出しています。

素材製品

備前化成は、自社開発により、
天然由来の素材から様々な有効成分を抽出しています。

素材写真
SAC高含有ニンニク

素材紹介

※当素材は事業者様向けであり、消費者様へは販売しておりません。

SACニンニクの特徴


 ・ 当社独自の発酵製法「SACLATION」によりS-アリルシステイン(SAC)の
   含量が大幅に上がりました。(10 mg/g以上 : 生ニンニクの約300 倍)
 ・ ニンニクのエキス末 100 %です。賦形剤などの添加物を使っておりません。
 ・ 当社の低臭化技術によりニンニク特有のにおいを低減しました。
 ・ 辛味を抑え、コクのあるマイルドな粉末です。
 ・ ナチュラルな淡褐色の微粉末です。流動性と加工性が良好です。


SACニンニク(粉体と棒グラフ)

独自発酵技術「SACLATION」


  SAC は生のニンニクにはほとんど存在しませんが、ニンニクを切ったり潰したりすると
  ニンニク内の酵素反応により生成します。しかしながら、ニンニク内の酵素反応は
  アリシンも生成します。アリシンはニンニク特有のにおい成分であり、胃粘膜を荒らす
  副作用があります。
  
  当社はにおい成分アリシンの生成を抑え、SACの生成を増やす独自の発酵技術
  SACLATIONを開発しました。SACLATIONにより、ニンニクエキス末に
  次の特性が生まれました。
  ・ SAC高含量(10 mg/g 以上)
  ・ 低臭化
  ・ 加工特性に優れた粉体

SACニンニク(SAC構造式)

SACの機能性


S-アリルシステイン(SAC)には豊富な科学的エビデンスに裏付けされた多彩な機能性があります。

生体調整機能の高い効果と持続性
SACを経口投与したところ、極めて高い腸管吸収性を示しました(吸収率92 %)。また、血中半減期が長く、
48時間後も高濃度で血中に保持されました。これらの結果から、生体調整機能の高い効果と持続性が期待されます。


出典 : 天野ら(2015). Drug Metabolism and Disposition, 43, 749-755.
多彩な機能性
SACニンニク(機能)
(文献例)
1. 小菅康弘ほか (2019). 「成熟ニンニク由来成分S-allyl-L-cysteine は慢性腎臓病モデルマウスにおける海馬のストレス増加を抑制する」『応用薬理』Vol. 96, No. 5-6, 137.


2. Agbana Yannic Luther et al. (2020) Garlic derived bioactive compounds S-allylcysteine inhibits cancer progression through diverse molecular mechanisms. Nutrition Research, 73, 1-14.