素材製品:備前化成は、自社開発により、天然由来の素材から様々な有効成分を抽出しています。

素材製品

備前化成は、自社開発により、
天然由来の素材から様々な有効成分を抽出しています。

素材写真
ニガウリ

素材紹介

※当素材は事業者様向けであり、消費者様へは販売しておりません。

ニガウリについて

ニガウリ_写真02

ニガウリとは和名をツルレイシ(蔓茘枝)、学名Momordica charantia という、熱帯アジア地域を原産とする蔓性の一年生草木です。果肉中に独特の苦味を持つため人によっては苦手とされる方も多いですが、様々な有効成分を含むことが知られており、ダイエット、夏バテなどにも有効とされる健康野菜として知られています.このニガウリの果汁をそのまま粉末化したものが「宮﨑産にがうり果汁末」です。

期待される効果

脂質代謝改善

高コレステロール条件下における脂質代謝に及ぼす影響

ニガウリ_グラフ01

4週齢SD系雄ラットを5日間予備飼育した後、無コレステロール食群および高コレステロール食群にわけ、さらにそれぞれをコントロール群、にがうり添加群に分けました。
AIN-93組成に準じて調整したそれぞれの飼料を4週間自由摂食させた後、肝臓脂質濃度、脂質代謝関連酵素について測定しました。

肝臓T-CHOL濃度は、高CHOL食群において、にがうり添加により有意に低下しました。

高脂肪条件下における脂質代謝に及ぼす影響

ニガウリ_グラフ02

4週齢SD系雄ラットを5日間予備飼育した後、低脂肪食群および高脂肪食群にわけ、さらにそれぞれをコントロール群、にがうり添加群に分けました。
AIN-76組成に準じて調整したそれぞれの飼料を4週間自由摂食させた後、肝臓脂質濃度、脂質代謝関連酵素について測定しました。

肝臓T-CHOL濃度は、にがうり添加により有意に低下しました。
血糖値上昇抑制

ニガウリ_グラフ04

ニガウリが食後の血糖値上昇を抑制する作用を持つことが動物試験、ヒト試験などから解りました。

ラットを用いた試験では、ニガウリを投与したラットはスクロース投与後の血糖値と血中のインスリン量の上昇を優位に抑制することがわかり、その作用が二糖分解酵素活性の阻害によるスクロースの分解を抑制することによるものであることが解りました。

またヒト試験でも同様にスクロース摂取後の血糖値,血中インスリン量の上昇を抑え、ニガウリの血糖値上昇抑制作用が示唆されました。

ニガウリ_グラフ03

国産について

ニガウリ_図01

当社では国産原料を使用した素材を取り揃えております。「宮崎産にがうり果汁末」は、宮崎県の温和な土地で育まれたニガウリを原料としており、より安全・安心な製品の提供が可能となっております。


ご注意
  • このページは企業の方向けに作成されたものです。無断での転用や他への掲載はお控え下さい。